GALLERY CANDYBAR KYOTO

0
ぼくたちが好きなART vol.1

ぼくたちが好きなART vol.1

9月2日(日曜)よりCANDYBAR Galleryがグランドオープン致します。
ギャラリーオープン企画としまして「ぼくたちが好きなART vol.1」を開催致します。


左からKAWS Presenting the Past, STAY STEADY, You should know I know

ぼくたちが熱狂するアート。

ぼくたちが指すものは、ファッションや音楽などのサブカルチャーとアートが繋がって来た80年~90年代が思春期だった世代。1980年代からはグラフィティーがアートとして確立された時代でもあった。ストリートカルチャーが世に認められたエネルギーを思春期に見て感じていた若者たちは自ずとのめり込んだ。新しいものを生み出すエネルギーは観るものを熱狂させ新しい息吹に希望を持った。
そのれから時が経ち、アーティストたちはよりアート性を高め、現在一流のアーティストとして活躍している。
そんな時代を生きて来たアーティストを特集する今回はBarry McGeeKAWS五木田智央3人をフューチャーし、展示している。

本企画の3人を結ぶキーワード。

3人の今回の企画展の共通キーワードははキャラクター。
それぞれの作家の作品モチーフをキャラクター化し作品に落とし込んでいる。また、3人ともにサブカルチャーとの繋がりも積極的に行う。
そして作家それぞれの繋がりは、KAWS2年ほどBarry McGeeと共に生活をし、Barry McGeeと五木田智央はミュージシャンであるTEI TOWAのジャケットのデザインを行っている。有名な話だが、五木田智央がニューヨークのギャラリー、メアリーブーンの取り扱い作家になったきっかけが、メアリーがKAWSの自宅を訪れた際コレクションしていた五木田智央の作品をみて気に入ったからと言われている。
同時代に生きて活躍する3人の作品を展示し、ぼくたちが好きなアートとして企画した。

 

「ぼくたちが好きなART vol.1」
会期    9月2日(日曜日)〜 10月29日(月曜日)
会場    CANDYBAR Gallery
住所    京都市東山区弁財天町19 Ygion 2F
電話    075-531-0617
開廊時間  14:00 - 20:00(水曜日から金曜日)
      13:00 - 20:00(土曜日)
      12:00 - 18:00(日曜日)

※臨時休業日等はホームページをご参照ください。

Artist