GALLERY CANDYBAR KYOTO

0

山口 晃

Akira Yamaguchi

1969年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了後 1997年に「こたつ派」展に参加し一躍注目を集めます。2001年に第4回岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞を受賞。山口の描く絵は、時間と空間を横断した超現実主義の作品が特徴であり、昔風の建築透視図や屏風の作品が数多く描かれています。

建物は木造、客は江戸時代の民衆、売り場や店員の容貌は現代のデパートといったように過去と現代が入り交じった百貨店の透視図を描い た「百貨店圖」や、絵巻物の物語性を彷彿とさせる大作「山愚痴諦抄ー尻 馬八艘飛之段ー」等、どの作品も巧みな描写を用い、過去と現在が同居した視覚の面白さを生かして、新旧あいまったなかで現代的な作品へ昇華し、鑑賞者の眼を楽しませます。彼の時流に流されない一貫した制作への姿勢は、強い個性を持った作品を生み出し、国内外で高い評価をうけています。

Collection

Artist