GALLERY CANDYBAR KYOTO

0

菅井 汲

Kumi Sugai

1919年兵庫県生まれ。
大阪美術学校に通った後、阪急電鉄の事業宣伝課に勤め、グラフィックデザイナーとして働きます。その一方で、日本画家中村貞以に学び、欧米の美術にも深い関心を寄せ続け、画家としての道を志します。

1952年渡仏。先に日本画を学んでいた菅井の作品は、東洋的なエキゾティシズムを反映し、パリの美術界で高い評価を得ました。当初はアンフォルメルの影響を受けた象形文字のような形態で描いていましたが、1962年頃から作風は一変し、幾何学的な形態を明快な色彩で描いた「オートルート」のシリーズを制作するようになりました。

1970年代からは、円と直線から成るより単純で無駄のないモチーフを描くようになった。

晩年には「S」字のシリーズを描き続けた。「なぜ同じ絵を描き続けてはいけないのか」と自ら問い、同じパターンを描き続ける行為に個性があると考えました。リトグラフやシルクスクリーンの作品も多く残したことで有名です。

Collection

申し訳ございません。検索に一致する作品が見つかりませんでした。

Artist