GALLERY CANDYBAR KYOTO

0
  • Top

石内 都

Miyako ISHIUCHI

手 No.1 「1899」より

480,000 yen

送料・支払い方法について

Details

制作年 1994年

オリジナル作品

サインあり

技法 ゼラチンシルバープリント

作品サイズ 354x430mm

額サイズ 589x702mm

作品の状態 良好

額の有無 有り

 

 

<作品説明>

手と足の作品が最初に発表されました。その時に撮影していた「顔」の作品も加わり、それぞれの人生の重みと意味を考えさせる展開となりました。

Tag

Artist Profile

石内 都 Miyako Ishiuchi

1947年生まれ。初期三部作「絶唱、横須賀ストーリー」「APARTMENT」「連夜の街」で街の空気、気配、記憶を捉え、同い歳生まれの女性の手と足をクローズアップした「1・9・4・7」以後身体にのこる傷跡シリーズを撮り続けています。'79年第4回木村伊兵衛賞。 '99年第15回東川賞国内作家賞、第11回写真の会賞、'06年日本写真協会賞作家賞受賞。'05年「Mother's 2000-2005 未来の刻印」でヴェネチア・ビエンナーレ日本代表。’08年に発表した写真集「ひろしま」、写真展「ひろしま Strings of time」では、原爆で亡くなった人々の衣服を撮影。衣服をまとっていた人々がいまそこに在るように写し出したその作品群は話題を呼びました。‘14年、日本人で3人目となるハッセルブラッド国際写真賞を受賞し、更なる注目を浴びています。

Artist